しっかり噛めて外れにくい入れ歯

外れにくい入れ歯入れ歯と聞くと「口の中に違和感がある」「食べ物が良く噛めない」「使用中にずれる」といったイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。当院では、そんな欠点を克服するドイツ式の特殊な入れ歯「コーヌスクローネ義歯」を採用しています。

コーヌスクローネ義歯には、保険診療の入れ歯のような固定するための金属のバネがありません。また、入れ歯と歯が一体となるように作られるため、噛む力が従来の入れ歯よりも格段に増します。

コーヌスクローネ義歯とは
コーヌスクローネ義歯は、数多い入れ歯の中でも高い安定性を誇り、歯周組織にやさしい入れ歯です。コーヌスはドイツ語で「円錐形」、クローネは「王冠」を意味します。残っている歯に円錐形の金属の冠をつけ、そこに入れ歯本体に取りつけられた冠をはめ込むことで固定させます。茶筒のふたのような構造と言えば、イメージしやすいでしょう。

歯に固定する金具を使用しないため、目立たず、横揺れに強く、外れることがありません。ただ、支えとなる健康な歯を削る必要があるので、患者さまの歯に負担がかかるというデメリットがあります。また技術的に難しく、治療ができる歯科医院はあまり多くありません。

<コーヌスクローネ義歯のメリット>
●入れ歯のバネが見えないので、見た目が良い
●一般的な入れ歯よりも噛む力が強い
●固定に使った歯がだめになったときでも修理で対応できる
●歯周病にかかっている歯でも土台として利用できる
●一般的な入れ歯よりも取り外すときの負担が少ない

<コーヌスクローネ義歯のデメリット>
●土台として使う歯を削る必要がある
●難しい技術が必要なので、扱っている歯科医院が少ない
●一般的な入れ歯より治療費が高い

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください