院長あいさつ

院長あいさつ

はじめまして。中村歯科クリニックの院長、中村有博です。
この度は当院のホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

当院はどなたでも気軽に足を運んでいただける歯科医院を目指して、2001年4月に開業しました。従来の歯科医院のイメージとは異なるリラクゼーションサロンのような落ち着いた雰囲気を大切にしながら、リラックスして治療を受けていただける医院づくリに取り組んでいます。

また、一般的な歯科医院よりも治療時間を多めに取り、再発を防ぐていねいな治療を心がけています。年をとっても歯のことで悩まされることがないように、美しさと機能にこだわった治療をご提供します。

患者さまに「また行きたい」と思っていただけるように、確かな治療と快適な院内環境を大切にしながら、これからも皆さまの歯の健康をお守りします。

医療の力で人を救える歯科医師を志す

院長あいさつ医者だった父は、自宅の1階を診療スペースにして開業していました。そのため、小さい頃から医療の世界に憧れがありました。しかし父は外科医だったため、毎日怪我人が引っ切りなしに運ばれ、自宅はさながら野戦病院のような雰囲気だったのです。ですから、外科医にだけは絶対になりたくないと思っていました。

中学生になり、歯並びが悪かった私は大学病院で矯正治療を受けるようになりました。それまで医者というのは父であり、外科というイメージしかなかったのですが、歯医者さんと接してこれまでになかった医療人の姿を目の当たりにしました。

医科と歯科の違いはありますが、歯科医師も医療の力で患者さまを救うことができる。そう考えた私は、以来、歯科医師を志すようになったのです。

患者さまに満足していただける歯科医院を目指して

院長あいさつ大学卒業後、開業までに2つの歯科医院で勤務しました。実際に歯科医師となって感じたのは、歯科治療は"カスタマーサービス"だということです。いくら高度な治療技術を持っていても、患者さまが来なくては意味がありません。つまり、技術を身につけることは当然ですが、その上で患者さまが通いやすい歯科医院でなければならないと感じたのです。

当院を開業するにあたって一番に考えたことは、患者さまが気持ち良く、リラックスして治療を受けられる院内環境です。内装のデザインからスタッフの接遇に至るまですべて、患者さまに満足していただけるよう配慮しています。

いくつになっても大きく口を開けて笑えるように

院長あいさつ今後は治療の質の向上はもとより、"美しさ"にこだわる歯科治療を提供したいと思っています。最近は審美歯科という言葉も多くの方に知られるようになりましたが、そもそも歯科治療は審美と切り離すことはできません。

たとえば入れ歯治療でも、ただ噛めるようになることだけが目的ではなく、残存する隣の歯と色味や形を合わせることが、豊かな人生を送るためにはとても大切なのです。

歯を治療したからといって、口元を隠しながら生活することはできません。それなら誰にも治療したとわからないほど自然な口元の美しさを再現し、大きく口を開けて笑えるような歯科治療を提供したいと思います。

いくつになっても美しく、健康的な口元を保てるようにサポートいたします。歯にトラブルを感じた方は、ぜひご相談ください。

院長プロフィール

院長あいさつ中村歯科クリニック 院長 中村 有博

【経歴】
平成5年3月 東京歯科大学卒業
平成5年4月 都内 開業医の元で勤務
平成13年4月 中村歯科クリニック開業

【所属学会】
JIADS(THE JAPAN INSTITUTE FOR ADVANCED DENTAL STUDIES)
日本臨床歯周病学会

院長あいさつ院長あいさつ院長あいさつ

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください