麻酔時の痛みについて

痛みを感じさせないテクニック(ピンチングテクニック)麻酔時の痛みについて
注射が痛いと感じるのは、針先が痛点に当たるからです。つまり、針を刺すときに痛点さえ外せば痛みを感じることはありません。そのため、当院では注射時に頬を引っ張り、密接している痛点と痛点の間を広げてそのすき間に針を刺すようにしています。

この打ち方は、歯科医師なら誰でもできるわけではありません。当院のドクターが長年の経験と研究によって身につけたテクニック(ピンチングテクニック)です。麻酔注射を手動で打つときには常にこのテクニックを使います。そのため、当院では特に表面麻酔は使用しません。

電動麻酔器麻酔時の痛みについて
麻酔注入時は針の痛み以外にも、圧力がかかることで痛みを感じてしまうことがあります。電動麻酔器を使えば、コンピューター制御で麻酔液をゆっくりと一定の速度で注入できるため、麻酔の嫌な痛みや不快感を和らげることができます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください